ブログ

2019-04-12 10:50:00

空っぽのじょうろを傾けても水は出てこない。

中身が水で満たされると、柔らかな恵みが植物にいきわたる。


遠くの人達を祈る時は、まず自分自身をしっかり満たしてあげる。

その満たされた自分自身を傾けると、自然に恵みが流れだす。

より満たせば、より遠くまで恵みが流れだす。


そしたら少し座って目を閉じて
自分自身から始める
ゆっくり唱える

 


【 慈悲の瞑想 】


私は幸せでありますように

私の悩み苦しみが無くなりますように

私の願い事が叶いますように

私は幸せでありますように



私の親しい人々が幸せでありますように

私の親しい人々の悩み苦しみが無くなりますように

私の親しい人々の願い事が叶いますように

私の親しい人々が幸せでありますように



生きとし生けるものが幸せでありますように

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように

生きとし生けるものの願い事が叶いますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

 



慈悲の瞑想をすると心が丸くなります。
そして、誰かの幸せを祈ることは、自分への癒しになると思うのです。

 

日常生活で様々な事が起こる中、自分らしく生きられるヒントがヨガにあります。

ニコヨガでは、そんなポーズだけではないヨガを皆さんとシェアできればと思います。



Om shanti shanti shanti